法人を作るべきか迷ったら

学習塾を開業する際には、個人事業主でスタートするのか。
法人を作ってスタートするか。迷っている方もいるかもしれません。
簡単に個人事業主と法人について考えてみましょう。

個人事業主のメリット

簡単に始めることが出来るということが大きなメリットになります。
法人にはしないので、本店所在地を決める必要もありません。
登記をするためにお金を払うことも必要ありません。
税理士に頼まなくても、申告を行うことも可能になります。
簡単に始められるという点では圧倒的に個人事業主の方がいいです。

個人事業主のデメリット

一番は社会的信用がないことです。やはり法人化していないことで、
信用がないので、資金の借り入れをする際にも苦労しやすいです。
また、業者とのやり取りでも法人になっていないと信用されずらいです。
もう一つ大きな点としては、自分の給料などを経費として落とせないことです。
法人と違って、個人事業主は自分に給料も払えません。さらに法人ではないので
家族にも給与を払うことも難しいです。
(個人事業主であると、家族に給与を払う
ことは制約が多くなってしまいます。)
それに対して

法人のメリット

最大のメリットとして、社会的信用が付きます。やはり法人にした方が
資金の借り入れもしやすいと思います。利益が上がった際の節税もやりやすいです。

法人のデメリット

起業時に登記を行わなくてはいけません。その際にはお金もかかってきます。
また税理士も付けなくてはいけません。さらに社会保険料も払わなくてはいけません。
なにかと法人にすることで経費がかかってきます。
両方のメリット・デメリットを挙げてきましたが、最終的にどこまで事業をやりたいのか
ということも重要な要素になってきます。
学習塾で成功して、いくつも校舎を持ちたいという気持ちがあるのであれば是非法人化を
して下さい。
事業を拡大したいと思っている方であれば、法人を作っておいて損はないと思います。
のちのちの事を考えて個人事業主か法人かを選んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加