生き残りをかけた地域密着戦略

学習塾において地域密着塾になることが中小塾において重要になってきます。
なぜ地域密着塾になることが必要なのかというと、やはり大手塾ではそのような戦略を取らないからです。
大手塾はどちらかというと、ブランド力を活用した集客を活用するケースが多いからです。
各地域ごとに戦略を考えていくことはあまり行いません。
そういった状況なので、中小の塾は大手の塾が取らないような戦略を取らなくてはいけません。
それでは地域密着塾とはどのようなことを行っていかなくてはいけないのでしょうか?
①地元中学への特化
②優秀な層の確保
が必要になってきます。
まず一番にやることは、地元中学への特化が必要になります。
【○○中学校定期テスト○○点アップ】のようなことが大事になってきます。
大手の塾では、本格的に中学校に絞って対策なども行いづらいため、
中小の塾が狙うべきポイントはそこになります。圧倒的な実績作ることが
出来るのであれば、シェアを取ることが出来ます。
大手が取らない戦略を取ることで、大手に勝つことが出来ます。
また、そのように地元中学へ特化することで、地元中学のTOP層の生徒
を獲得することが出来ます。地元での信用が付けば、TOP層が通ってきてくれるので
さらに実績を作ることが出来ます。そしてその実績を作ることが地元中学への特化になります。
うまくこのような循環を作っていくことが大事になってきます。
この流れを崩さないようにマネジメントをしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加