保護者満足度を高める

学習塾において保護者満足度を高めることが重要な要素になってきます。
保護者が感じる満足度とはなんでしょうか?
先生・成績に満足することだと言えます。
まず先生に満足するということは、まずは授業力があるかということが挙げられます。
やはり学習塾ですから、塾のサービスは先生になります。
先生の質を高めていくことが必要になってきます。
しかし保護者が先生に満足するのは、単純に授業力があることだけではありません。
保護者が満足するのは、成績が上がるという点です。
いくら授業が素晴らしくても、成績が上がらなければまったく意味がありません。
それ以外にも普段から保護者の満足度を高めていかなくてはいけません。
保護者は普段から塾に送迎に来たりします。講師は何気なくしている事も
保護者は意識してみているケースがあります。
挨拶の仕方など意識して取り組んでいく必要があります。
また、保護者満足度を上げるうえで、保護者面談等の保護者対応はしっかりと取り組んでいく必要があります。
日付を決めて、保護者面談をするのは準備をする時間があるので、多少は気が楽かもしれません。
しかし、ノーアポで保護者が来るケースも多いです。
そういった際にしっかりと対応できるかが重要になってきます。
塾側からすると、1生徒という考えですが、保護者からしたら、あくまで塾長一人です。
普段から生徒とコミュニケーションを取っていないと、その子の事はまったくわかりません。
ですので普段から生徒一人一人としっかりとコミュニケーションを取っておくことが保護者満足度を
高めることにつながってきます。
保護者満足度を高めることで、退塾率も下がり、安定的な塾経営につながってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加