新年度に向けて準備する

学習塾において、1月から3月の動きは重要になってきます。
しかし1月~2月は冬期講習や直前講習の時期と重なっており、講師の方々も忙しいです。
そんな忙しい時期に新年度に向けて動き出すなんて無理だと思われるかもしれません。
ただそのような事を言っていては、新年度の集客は出来ません。
3月に入って公立入試の発表が終わってから、準備していては間に合いません。
大手などはこぞって3月の時期に広告費を投入して生徒を獲得を目指してきます。
大手との競争に勝っていかなくてはいけません。
また、新年度に向けて生徒集客を考える上で、今年度の反省を生かして戦略を
考えていかなくてはいけません。
マネジメントで言う「PDCAサイクル」のCを行っていかなくてはいけません。
しっかりとC(チェック)を行わなくては、新年度の戦略も立てることは出来ません。
学習塾においては、仕事としては毎年のサイクルが同様なものになりがちです。
だからこそ、チェックの部分に関しては甘くなってしまいます。
特に退塾に関しては、しっかりとチェックをする必要があります。
もちろん新規に生徒を獲得することは大事なことです。
しかしそれと同様に大事なのは、獲得した生徒を退塾させないということにあります。
ですので、新年度に向けてしっかりと今年度の施策をチェックしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加