合格者の声を書いてもらう

3月の公立入試が終わり、ほとんどの塾が一段落ついたかと思います。
塾長にとっては、1年間の努力が報われる瞬間になります。
すべての塾生が希望通りの成果を挙げられるわけではありませんが、
生徒の喜びがより一層仕事に力を入れるモチベーションになります。
そして、喜びもつかの間ですが、4月からの新年度に備えていかなくてはいけません。
特に受験結果というものは、保護者へのアピールになります。
ですので、合格者の声を書いてもらうようにしましょう。
【自分がどのように受験対策を行っていったか】
【この塾のこんなところが助かった】
【もう少しこうすればよかった】
などの項目を設けて書いてもらって下さい。
名前や合格高校も記載出来ると信用性が上がります。
もちろん合格者の声だけで、入塾が決まるわけではありません。
しかし、塾選びの参考には必ずなります。
また合格者の声が多く書いてある塾は、
【ライバルがたくさんいる】とも言い換えることが出来ます。
合格者が多いということが、つまり受験生を多く抱えている塾という
アピールになります。どうしても受験は孤独なものになります。
その時に競い合うライバルがいることで、励みになると考える保護者もいます。
そのような面もあるので、必ず合格者の声はもらうようにしましょう。
それを生かして新年度の戦略を考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加