学習塾の撤退

残念ながら、儲かる塾もあれば、廃業してしまう塾もあります。
しかし、利益が出なかったら、簡単に廃業することも出来ません。
学習塾を撤退する場合でも多くのコストがかかってしまいます。
マンションや自宅でやっていた場合は、退去するのも楽です。
マンションなどは通常1か月前で、退去出来ます。
もちろん自宅であれば退去する必要もありません。
しかし注意が必要なのは、通常の事務所用のテナントの場合です。
事務所用のテナントは6か月前に通知もしくは、6か月分の家賃を
払う必要があります。
このような物件の縛りも考えて廃業の時期は決めて下さい。
また、備品の処分に関しても費用がかかってきます。
学習塾を廃業する場合、たいてい机や椅子やホワイトボード等は
必要なくなります。
単純に買い取ってもらえばいいと思われるかもしれませんが、
なかなかこのような備品は買い取ってくれません。
知り合いの塾等に引き取ってもらえるようにするのが一番コストが
かからないかもしれません。
大抵はお金を払って引き取ってもらうことになります。
また、備品の中でも、看板の撤去もコストがかかります。
1階であれば、そこまで大変ではありませんが、2階以上になると
高所作業になるので、結構な金額が取られます。
廃業するのにもコストがかかってしまうので、廃業するのであれば、
しっかりと時期・コストについては考えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加