学習塾の理念をしっかりと決める

学習塾に限らず、しっかりとした理念を決めることは大事になってきます。
なぜ理念が必要になってくるのか。それは理念を持っていないと壁にぶつかった時や、
売上が上がらず厳しい時、今後の展開を考える上でどうすればいいかわからなくなってしまうからです。
理念を持つことで、自分がどう行動すればいいか定めることが出来ます。
かの有名なソフトバンクの孫さんは、【デジタル情報革命で、人々を幸せにする。】
という理念の元に経営を行っていると述べています。
また、孫さんは19歳の時に、【20代で名乗りを上げ、30代で軍資金を最低で1,000億円貯め、
40代でひと勝負し、50代で事業を完成させ、60代で事業を後継者に引き継ぐ。】
という人生50年計画を立てたことでも有名です。
もちろん慈善事業で学習塾を行っているわけではないので、もちろん授業料を取り、利益を上げていくことも大事です。
それと同時に教育理念も重要になってきます。
孫さんのように素晴らしい理念を考えるのは難しいと思います。
しかし、シンプルなものでもいいので、理念を作っておくとよいでしょう。
本をたくさん読む方なら、教育に関する本などから一部活用してもよいと思います。
また、フランチャイズに加盟して独立する場合は、本部の理念がどのようなものなのかも
しっかりと調べるとよいでしょう。
もしも共感出来ない理念であれば、そのフランチャイズはやめたほうがよいかもしれません。
大事なことは、理念をしっかりと決めて、学習塾の行動基準を定めるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加