アンカリング効果を活用した金額設定

心理学にはアンカリング効果というものがあります。
アンカリング効果は営業やマーケティングを行う際によく使用されています。
それでは、アンカリング効果とはどのような効果なのでしょうか?
アンカリング効果とは、最初や同時に提示された特定の数値などが情報が
強く残ってしまい、意思決定などの判断に影響を及ぼす傾向のことをいいます。
人は情報が充分に揃ってない場合には、特定のある情報などを重視してしまう傾向があります。
その心理をうまく活用したのはアンカリング効果になります。
一つ例を挙げて考えていきましょう。
nesage
買い物する際にこのような金額表示を見たことがあると思います。
値引き後の価格と値引き前の価格でアンカリング効果が生まれます。
それでは学習塾の場合はどのように活用することが出来るでしょうか?
よくあるケースでは、
【入学金2万円が今なら無料】
【春期講習1か月分今なら無料】
などこのように活用すると思います。
ある程度お得感があるように金額設定をする必要があります。
もちろんお得感だけで生徒を集客することは出来ません。
金額設定を行う際は必ず競合調査は行って下さい。
あくまで比較した上で、保護者は選択するので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加