学習塾の収益性

学習塾の収益性とは、先生一人あたりで、どれほど生徒を呼べるかにかかってきます。
つまり、先生一人でどれくらいの生徒を同時に見れるかということが重要になってきます。
ですから、集団授業のスタイルであると、先生一人あたり生徒数は多くなってきます。
それに対して個別指導のスタイルであれば、もちろん先生一人あたりの生徒数は少なくなってきます。
収益性を上げるためには、生徒一人当たりの授業料を高くするか講師の費用を下げるしかありません。
ただし集団授業・個別指導でそれぞれ注意する点が異なってきます。
集団授業に関しては、集団授業であるので、一人ひとりの授業料を上げることは容易ではありません。
また、集団授業をそもそも出来る先生を探してくることが大変になってきます。
生徒の人数が多いので、それだけ引きつける授業をしなくてはいけません。
個別指導と集団指導では講師に求められる内容が異なってきます。
それでは個別指導に関しては、どうでしょうか?
個別指導の場合は、集団指導に比べると高い料金を取ることは出来ます。
しかし、そもそも個別指導の場合は、先生一人あたりで同時に見れる生徒数が少ないです。
ですので、先生の給料と授業料のバランスをしっかりと考えていかなくてはいけません。
ですから、個別指導の場合は、どうしても学生講師が増えてしまいます。
学生講師の場合は、社会人講師に比べれば、安い賃金で雇うことが出来ます。
集団授業や個別指導で収益性については多少変わってきます。
もちろんどちらの形態を選ぶかは重要な要素になってきます。
しかし、重要な要素としては、安定的に生徒を集客するかにかかってきます。
多少収益性が低くても、生徒数でカバーできるように集客をすすめていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加