独立して一国の主になる前に

開業して、一国の主になる際に考えなくてはいけないことはなんでしょうか?
もちろん、どのように経営していく等の計画を立てることも必要だと思います。
しかし、一番考えていかなくてはいけないことは、独立をするということです。
開業すると、もうあなたは一国の主になります。
サラリーマン時代とはすべて変わってしまいます。
大きくサラリーマン時代と異なる点としては、自分が稼がなくては
収入がないということです。それは当たり前だと思うかもしれません。
しかし、サラリーマン時代でも、自分が売上を上げなくても給料は保障されていたと
思います。それは、あなた以外の誰かがあなたの代わりにお金を稼いできてくれたからです。
開業したら、誰がお金を稼いできてくれるのでしょうか?
それはあなた以外にはいません。すべて自分が責任を取っていかなくてはいけません。
また、開業すれば自分の給料以外にも払わなくてはいけないものも出てきます。
テナント料も払わなくてはいけません。
アルバイト講師を雇うのであれば、講師料も払わなくてはいけません。
すべての経費を補うだけの収入がなくてはいけません。
ですので、開業する際には、自分が稼ぐという意識を持たなくてはいけません。
誰も助けてはくれません。稼ぐことが出来れば、サラリーマンより稼ぐことが出来ます。
しかし、稼ぐことが出来なければ、サラリーマンより稼ぐことが出来ません。
必ずそのリスクは考えていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加