夏期講習の位置づけをしっかりと行う

夏期講習を考えていく上で、位置づけを行っていく必要があります。
単純な話として、
【学校が休みなので、夏期講習を行いますので、たくさん授業を取って下さい。】
これでは保護者は納得しません。位置づけをしっかりと考えていないと、学校がないから
塾の講習を取る。夏期講習は塾の売り上げを上げるために取らされている。
そのような印象になってしまいます。
ですので、面と向かって保護者にちゃんと説明出来るようなカリキュラムや時間割を
出していかなくてはいけません。
もちろん、夏期では1学期の復習・2学期の予習、受験生であれば、入試対策など
明確にしなくてはいけません。
保護者に対してしっかりと説明して納得してもらえば夏期講習を受講してもらえる可能性が
高くなります。
もちろん学習塾も慈善事業ではないので、売上の面でもしっかりと考えていかなくてはいけません。
夏期講習中は、稼働時間が長くなりますので、その分の人件費等もかかってきます。
長く稼働した分の収入を確保することも考えていかなくてはいけません。
また、夏期講習だけの売り上げを考えるだけではなく、夏期は外部からの問い合わせや
体験生が増えてきます。
いかに夏期以降の入塾につなげていくかも重要になってきます。
しっかりと夏期講習の位置づけを考えていくことが必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加