夏期のイベントを企画する

夏期講習は、普段よりも時間が長くなり大変な思いをするかもしれません。
特に学習塾業界は繁忙期になります。
しかし、夏期講習の期間にはすでに夏以降の集客を考えていく必要があります。
講習生・既存塾生・夏以降の新規塾生へのアピールが必要になってきます。
夏の期間だから出来るというイベントなどを企画していくとよいかもしれません。
学習塾で取り入れている例としては、
読書感想文の手伝いイベント
夏休みの手伝いイベント
課外での理科実験教室
バーベキュー
などさまざまなイベントが行われています。
真面目に勉強するのもいいと思いますし、単純に遊びにいくことも非常に効果があります。
中3生にとってはピリピリしてくる時期になりますので、みんなで息抜き出来るような
イベントを行うことが有効になってきます。
そしてこのようなイベントをすることで、内部生や講習生へのアピールを行うことが可能です。
内部生に対しては退塾防止につながってきます。講習生に対しては夏期以降も通塾する理由になるかもしれません。
また、塾生以外も参加可能なイベントにすることで、内部生が友達を連れてきてくれる可能性が高くなります。
そういった生徒が夏以降入塾してくれる可能性があります。
特に中3生は部活引退するまでは塾に通わない生徒も多いと思います。
ですので、そのような生徒を集客出来れば、一気に生徒を増やすことが可能になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加