退塾を出さない塾を目指す

学習塾において生徒が退塾することは切っても切り離すことが出来ません。
それではなぜ生徒は退塾してしまうのでしょうか?
単純な話として、

不満を解消することの重要性

【生徒・保護者の不満を解消出来ない】という点です。
人間、不満がなければ辞めることはありません。
つまり生徒・保護者の要求と学習塾のサービスがミスマッチが起きている
ということが考えられます。
そして不幸な事に、退塾は連鎖します。1人辞めるとまた1人辞めていってしまいます。
ですから、あらかじめ退塾が出ないような方法を考えていく必要があります。
それでは具体的にはどのような事が必要になってくるのでしょうか?

①指導力を高める

この点に関しては、生徒・保護者が学習塾に対する指導力に疑問を持っているケースです。
当たり前ですが、学習塾に通わす理由は、ほとんどが学力向上です。
その要求を満たすことが出来ない学習塾からは退塾していまいます。

②コミュニケーションを取る

この点に関しては、生徒・保護者両方に関係してきます。
思春期の子供はさまざまな悩みをかかえています。
そのような悩みを聞いてあげて解決することで、より勉強にも身が入ってきます。
生徒のメンタルをしっかりとサポートしていく必要があります。
また、保護者に対しても必ず退塾前になにかしらのサインは出しているケースがあります。
保護者の話を聞く機会はしっかりと設けて、
話を聞けるような関係性を作っておくべきです。

まとめ

退塾は連鎖するものです。特にテスト前後等で特に不満が貯まってしまいます。
常に生徒・保護者の声に耳を傾けていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加