夏期講習中の学習管理

学習塾においては特に夏期講習期間中は特に忙しくなってくると思います。
学習塾側としては、せわしなくなってしまい、しっかりと生徒を見れなくなってしまうかもしれません。
しかし、特に夏期講習期間中は、生徒の学習管理はきちんと行っていかなくてはいけません。

生徒の学習管理

夏期講習期間中の学習管理は特に重要になります。
特に中学生・高校生にとっては、夏期というのは一番休みが長い期間です。
生徒にとっては、休みが長くて、嬉しいことかもしれません。
しかし、とにかく学習管理が難しくなってきます。
学校の授業はもちろんないので、学習塾で勉強することがメインになってきます。
もちろん自分で管理出来る子は自分で学習は進められるかもしれません。
しかし、そのような出来る子は少ないので、塾側がしっかりと管理をしていかなくてはいけません。

学習内容

夏期講習中は、期間が長いので、色々なことを学習出来るチャンスになります。
特に中高生の場合は復習の時間が大事になってきます。
普段は学校や部活があり、なかなか復習に時間が取れないケースが多いと思います。
夏期講習の期間にしっかりと復習しておくとよいでしょう。
また、復習以外に大事なものとしては、学校の課題です。
課題の量も多い場合がありますので、しっかりと予定をたててこなしていく必要があります。

まとめ

夏期講習中は、たくさんの時間がある分、しっかりと管理していかなくては
いけません。しっかりとコミュニケーションを取り、進捗管理をしていくとよいでしょう。
また、勉強ばかりではなく、せっかくの夏休みなので、バランスよく遊んで過ごしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加