夏期合宿等のオプション効果

夏期講習期間に限らず、学校の休み期間では、夏期合宿等のさまざまな追加講座を提案すると思います。
このようなオプション講座はどのようなメリットがあるでしょうか?
まずは塾側のメリットについて考えていきましょう。

塾側のメリット

売上を増やせる
もちろん通常よりも多く講座を提案出来るため、売上の増加が見込めます。
通常の授業料を下げて、オプション講座を抱き合わせることで、全体的な売上を上げることが出来ます。
塾生の確保が出来る
夏期合宿だけ申し込む生徒もいるかもしれませんが、それは2学期以降の見込み客になります。
またさまざまな追加講座に参加してくれた生徒がのちのちの入塾につながってきます。

生徒側のメリット

長時間頭を活用出来る
特に夏期合宿ですと、長時間にわたって数日間勉強出来ます。特に集中力がない子は
今まで長時間勉強した事がありません。
強制的であれ、何時間も勉強することで長時間の勉強になれてきます。

自信が付く
夏期の期間で
【合宿で10時間以上勉強した】
【早朝特訓で朝から晩まで勉強した】
【自習室を一番使ったのは俺だ】
というように夏期期間を通して、自信が付いてきます。
そのような事が2学期以降の取組に影響してきます。

まとめ

夏期期間は、売上面や生徒へのモチベーション上げなどさまざまな事に取り組める期間です。
しっかりと考えていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加