売上と生徒の成績

学習塾における売上と生徒の成績には少なからず関連性があります。

もちろん、売上が上がるから、どんどん生徒に授業を取らせるわけではありません。

すでに科目数やコマ数で足りている生徒であれば、問題はありません。

しかし、なかなか伸びていない子に対しては、一定数のコマ数を確保するために

追加で科目数やコマ数を取ってもらうことも必要になってきます。

追加で取ってもらえずに、サービス補習に追われてしまっては元も子もありません。

欠席した分の補習ではなく、[提案した授業を取ってもらえなかったから、

それを穴埋めするために
補習をしています]ではまったく意味はありません。

学習時間と学力はある程度は比例してきます。

ですので、しっかりと科目数やコマ数を確保してもらって

成果を上げていかなくてはいけません。

また、保護者としてはもちろん【成績を上げるために子供を学習塾に入れます】

ですから、成績を上げられそうにないなら、しっかりと説明をして

科目数やコマ数を増やすようにしなくてはいけません。

集団授業で、土曜特訓や日曜特訓など、さまざまなオプションを考えていくこともよいかもしれません。

まとめ

勉強時間がすべてではありませんが、やはり一定数の時間確保は

学力向上に必要な要素になってきます。

さまざまなオプションを活用して学習時間を確保していく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加