SEO対策としてサイトマップをGoogleウェブマスターツールに登録しよう

ホームページを作成したら、まずGoogleウェブマスターツールにサイトマップを登録させたほうがいいです。
Googleウェブマスターツールにホームページのサイトマップを登録することによってサイトがインデックスされやすくなると言われています。
つまり、SEO対策になります。

サイトマップはホームページをwordpressで作成した場合、「Google XML Sitemaps」というプラグインを使用することによって容易に作成することができます。
プラグインの使用方法は簡単でプラグイン->新規追加->「Google XML Sitemaps」を検索してGoogle XML Sitemapsをwordpressにインストールしてください。
サイトマップ作成後は下記の「Google(グーグル)ウェブマスターツール」のサイトにログインします。ログインするためにはgmailのアカウントが必要です。

・Google(グーグル)ウェブマスターツール

ログインし、追加したいサイトのURLを追加してサイトを追加ボタンをクリックします。
sitemap

次にサイトの所有権を証明しなくてはなりません。手順に従ってファイルをアップして所有権を証明します。

所有権の証明が完了したら、サイトマップの作成したURLを送信して完了になります。

サイトマップを送信する方法

サイトマップはログイン後に「ウェブマスターツール」->「サイトマップをアップしたいサイト名」->「サイトマップ」->「サイトマップ追加/テスト」ボタンをクリックします。
入力フォームが表示されるのでサイトマップのURLを入力し、「サイトマップを送信」ボタンをクリックするとサイトマップの送信が完了になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加