Googleアナリティクスの見方。ユーザー数と訪問数は何が違うのか

googleアナリティクスを導入してデータを確認しているとユーザー数と訪問数という項目があると思います。
ユーザー数と訪問数は同じだと思っている方もいますが、それぞれ違うものになります。

ユーザー数とは

ある集計期間にサイトを訪問した人数を「ユーザー数」と言います。ユーザー数という名前ですが、実際のところ、ブラウザ毎に識別しているので正確にいうとブラウザの数とも言えると思います。例えば私がPCのインターネットエクスプローラでサイトを閲覧した後にiphoneからSafariでサイトを閲覧した場合、サイトを閲覧した私は1ユーザですが、グーグルアナリティクスは2ユーザとカウントされます。(違うブラウザを使用しているため)

訪問数とは

グーグルアナリティクスではサイトの閲覧を開始してから終えるまでを「訪問」とし、その数を「訪問数」ということになっています。サイトの閲覧が終えたという条件を満たしてからもう一度サイトを閲覧すると訪問数が2ということになります。

サイトの閲覧が終了とみなされる条件は以下になります。

・ブラウザを閉じるか、他のサイトへ移動
・無操作状態によって30分以上サイト上でユーザーが行動を起こさない
・訪問中に日付が変わった

この内容が訪問数ということです。

訪問数はサイトの閲覧が終えたという条件を満たしてから再度訪問すると訪問数は増えるので、ユーザー数よりかは訪問数が多くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加