スマホ対応サイトを制作する2つの方法

スマホ対応サイトを制作するには2つの方法があります。

PCサイトとは別のスマホ対応サイトを制作する

まず、一つ目はPCサイトとは別にスマホ対応サイトを制作し、ユーザーの操作端末(PC、スマホ等)によってPCサイトとスマホ対応サイトにアクセスを振り分ける方法です。

この場合のメリットとしては、スマホ対応サイトを別に用意するので、スマートフォンのためだけにサイトの見せ方を工夫することができます。その事によってサイト訪問者のサイト滞在時間が増えたり、通販サイトであれば、購入率があがったりする可能性が増えます。

また、デメリットとしては、一からスマホ対応サイトを制作しますので構築する時間やコストがかかります。

レスポンシブデザインを導入したサイトを制作する

レスポンシブデザインと1つのページを表示させたい端末に応じてサイトの表示内容が最適な状態に変化するよう設定されたサイトです。

この場合のメリットとしては、1つのページしか制作しませんのでPCサイトとは別のスマホ対応サイトを制作するよりかは制作時間、コストを抑えることができます。

また、デメリットとしては1つのページをcss,javascript等で表示を見やすくしているだけなのでデザインや機能の自由度が下がります。

まとめ

通販サイト等ではコストをかけても回収できるのでPCサイトとは別のスマホ対応サイトを制作する方法をとることが多いという印象です。

また、コーポレートサイト等のデザインや機能の自由度を下げても問題がないようなサイトではレスポンシブデザインを導入してサイトを制作する方法をとることが多いです。

学習塾のホームページにおいてはホームページからどうしてもお客様を入塾させたい場合はPCサイトとは別のスマホ対応サイトを制作する方法をとる方法がいいと思います。

また、特にホームページからお客様の入塾を期待しない場合はレスポンシブデザインを導入したサイトを制作する方法をとったほうがよいでしょう。

自分の学習塾にあったホームページ戦略を模索していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加