SEO対策の基本。title要素、meta description、meta keywordsの設定

サイトを作成したら、title要素、meta description、meta keywordsの設定をしましょう。
title要素、meta description、meta keywordsともにhead要素内に記述することができ、キーワードを指定することができます。

title要素

title要素は、そのサイトのタイトルを表しています。そのページを端的に表すキーワードを含めることでSEO効果が期待できます。head内には下記にように記述します。

<head>
<title>SEO効果</title>
</head>

title要素は最大32文字程度でそれ以上だと…と省略されてしまいます。32文字以下でページを表すキーワードを記述しましょう。

title

検索結果時の赤枠内がtitle要素です。

meta description

meta descriptionはサイトの紹介文です。ここに適切なキーワードを記述するとSEO効果が期待できます。head内には下記にように記述します。

<head>
<meta name="description" content="学習塾のSEOに最適な方法とは?">
</head>

meta descriptionはSEO的には64文字程度が良いと言われています。64文字程度でサイトに合ったキーワードを記述しましょう。

description

検索結果時の赤枠内がmeta descriptionです。

meta keywords

meta keywordsにはサイトを表す要素を記述していきます。以前、meta keywordsに大量のキーワードを入れるというスパム行為が横行したため、今日ではあまりSEOに影響がないと言われています。ですが、今後、
meta keywordsがSEOに関係する日が来る可能性がありますので、時間をかけなければ設定しておいて損はないと思います。

キーワードは5,6個記述しておきましょう。記述方法は下記のようにします。

<head>
<meta name="keywords" content="学習塾,集客,テスト,SEO,対策">
</head>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加