看板で生徒集客をする

今現在看板はしっかり活用出来ているでしょうか?
外で看板は出せるけど、看板は作成していないという方であれば、すぐに看板を作成しましょう。
学習塾を行う上で、看板は目立つポイントになります。
もちろん学習塾以外でも同様だと思います。
まず、看板を出す上で考えてなくてはいけないポイントは「通り過ぎる人はあなたの塾なんて興味がない」という事です。

まずこの事は意識しなくてはなりません。自分が町を歩いていて「こんな所に○○なんてあったんだ」などと思うときがあると思います。お客さんは、どこに何があるかなど意識して町を歩いていません。

この前にお話ししたように

AISASの法則

Attention(注意)
Interest(関心)
Search(検索)
Action(購買)
Share(情報共有)

をしっかり考えていきましょう。
まず看板を出す上で注意・関心を持たせる必要があります。
あなたの塾の訴求内容をしっかり意識したものを看板に載せましょう。
またどんな塾なのか、伝わりやすい言葉で塾の特徴なども看板に入れましょう。
特にキャッチコピーで決まると思って下さい。
ただでさえ、お客さんはちゃんと回りを見て歩いていないので、強烈なインパクトとキャッチコピーを考えましょう。
もちろん学習塾ですので、袖看板等を活用する場合は、電飾が使えるかという部分も考慮に入れるべきです。
せっかくいい看板を作成しても、夜に見えないと効果は半減していまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加