中小塾の集客戦略。どのように集客していくか。

学習塾を経営する上でどのような戦略を考えていますか?
大手の塾はどのような戦略で広告を制作しているのでしょうか?

たとえば、栄光さんであれば「グループ指導・受講料無料」「無料学力診断」
早稲田アカデミーさんは「女子御三家の日/無料入試本番体験講座」

大手の塾では、大規模を生かした合格実績や多様なメニューで集客を行っています。
とにかく知名度を生かした戦略と言えます。
それに対抗するために中小の塾はどう戦えばよいでしょうか?
大手塾と同じように無料を謳って、多様なメニューを行うことがいいのでしょうか?
もちろん、そのような戦略は難しいです。
中小の塾はブランド力がありませんし、大手の実績には及びません。
中小の塾でもブランド力があり、十分なシェアがあるのであれば別ですが、、、
専門化するというのがポイントになります。
たとえば、大手の塾が高校受験に強い塾なのであれば、大学受験中心の塾にすることも一つの専門化だと言えます。
近年増えてきている例でいえば、医学部専門予備校など、つまりはその地域のどんな分野でも構いませんがトップシェアを取る戦略を考えて下さい。
客層を絞ることで、売上が下がったりするのではないか。
中学生を取れなくなるのでは思うかもしれません。しかし専門化することで、メリットの方が多くなります。
専門性は、魅力を感じさせてくれます。
汎用性よりも専門性がある方が戦略としては強くなります。
また、専門性を出すことで、価格競争に巻き込まれなくなります。
汎用性の塾では、どうしてもライバルが大手塾になるので、大手の安い金額には勝てません。
しかし専門性があれば、地域でその分野で専門的にやっている塾はないので、価格競争には巻き込まれません。
中小塾の戦略としては、大手と戦うのではなく、専門性を探して地域一番を狙うことが重要になってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加