生徒数を増加させるために退塾者を減らす努力をしよう

生徒数を増加するためにどのような施策を行っているでしょうか?

生徒数を増加させるために、新規の生徒募集をすることは必要だと思います。
3月には高校受験に受かった生徒の退塾者が増える時期でもあります。
また、大学受験に受かった生徒も、もちろん退塾していきます。
ですので、2月~3月の期間は新規募集を行う必要があります。

しかし、新規募集を行うのはもちろんですが、退塾者を減らすということに取り組まなくてはいけません。
退塾者を減らすことで、あなたの塾は良い塾であると紹介をしてくれる可能性もあります。
つまり、退塾者防止の施策が、生徒数増加につながってきます。
退塾者防止の施策として、保護者と仲良くなることが大事になってきます。

人間の心理として、仲良い人に対しては強く言うことはしづらいですし、辞めることもしづらくなります。
実際の人間関係でもそうだと思います。
まず心掛けて欲しいことはこまめな連絡です。
テスト前後は電話をして、コミュニケーションを取ることも必要だと思います。

また、塾生に対してのコミュニケーションも必要になってきます。
単純な塾だけではなく、さまざまな相談を受けるような関係を目指す必要があります。
成績を上げることはもちろん必要ですが、塾を気に入ってもらうことが重要になります。
また、先程もお話しした通り、気に入ってもらえば、退塾もしないですし、新たな塾生を呼んできてくれる可能性があります。
新規の生徒募集と既存の生徒への退塾防止策を行っていくことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加