学習塾のテナントを2階に構えることでの意外なメリット

088040

学習塾のテナントは、1階にあることが多いと思います。
人間の心理として、1階にある場合の方が気軽に入りやすいというメリットがあります。
どうしても階段を上がるというハードルを突破しないといけませんので、気軽さはなくなってしまいます。
しかし、デメリットだけではありません。
2階のテナントに入居するということは窓から広告を出すことが出来ます。
2階の窓に広告を出すことが出来るので、うまく活用することが出来れば目立つことが出来ます。

また、窓に広告を出す際にはどのようなことに気を付けなくてはいけないでしょうか?
大手塾のようなマネをしていては意味がないと思います。
大手塾のようにブランド力があれば、単純な塾名や電話番号を載せるだけで問い合わせが増えるかもしれません。

それでは、中小塾はどのような広告を出せばよいのでしょうか?
その塾に来ないと出来ないことを記載するべきです。

単純に

「無料体験受付中」
「定期テスト対策受付中」

などの他の塾が出来るようなことやありきたりな文言ではお客さんの注意を引くことが出来ません。
「毎日通っても同じ金額」など

その塾ならでは特徴をキャッチコピーとして、載せるべきです。
人は思ったほど、回りを意識して歩いてはいないので、窓の広告を使ってしっかりと目立たせる必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加