キャッチコピーで何を伝えるか

096589

チラシやホームページを作成した際にキャッチコピーは重要な要素になります。
キャッチコピーがしっかり打ち出せていなくては他の部分は見てくれません。
では、キャッチコピーには何を書けばよいのでしょうか?

【新規生徒募集中】
【個別指導塾】
【新規開校】

上記のようなキャッチコピーはどうでしょうか?

あるいは

【○○塾】
【○○ゼミ】

上記のようなキャッチコピーでは反響が出るチラシやホームページを作成することは出来ません。
自分がチラシを見るときにどんな部分を注目するか考えてみて下さい。
ほとんどの人が一番上のキャッチコピーだけ見て捨ててしまうのではないでしょうか?
またホームページに関してもそうだと思いますが、ホームページも一番上のビジュアルを見て、興味なさそうであれば、バックボタンを押して戻ってしまうと思います。
キャッチコピーを考える上で、

①思った以上にチラシを見ないこと
②興味を持たせる内容にすること

を意識しなくてはいけません。

①思った以上にチラシを見ないこと

先程も伝えた通り、チラシを見てくれた方は思ったほどチラシを見てはくれません。
せっかく見てくれたのに、

ただの
【個別指導塾オープン】
【新規塾生募集中】
ではもったいありません。

ここで②の内容につながります。

②興味を持たせる内容にすること

せっかくチラシやホームページを見てくれたお客さんに対して興味を持たせる内容にしないといけません。
興味を持たせる内容とは、何か。

つまりそのチラシを読んでお客さんが得をするのかという視点で考えていかなくてはいけません。

先程のチラシでは、何も知らない塾が個別指導を始めたり、新規塾生を募集したところでお客さんにメリットが提供出来るのかはわかりません。
しかし、チラシの内容が

【○○中の定期テスト50点アップ出来る塾】

等であれば、チラシを手に取ったお客さんに得をする情報を提供出来ます。
考えなくてはいけない問題として、自分の塾がお客さんに対してどんな価値を提供出来るのかということを考えて、チラシやホームページを作成していくことが必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加