自習室で差別化

21f8998ea5703b443a3e451efa223e38_s

自習室の確保は、生徒獲得に影響します。
中学生・高校生にとって自習スペースが重要になってきます。
生徒の心理として、自宅や学校ではなく第3の空間を塾・予備校に求めています。

ただし、スペースの問題上完全な自習室という形で1部屋を使うことは難しいかもしれません。
しかし生徒にとって授業日以外に自習に来れるスペースがあることはヤル気のある生徒にとっては有難いものになります。

また、気軽に自習に来てくれれば、学習習慣の定着にもつながります。
さらに学習量が増えることによって学力も向上しやすくなります。

生徒獲得につながるという部分に関しては現状で競合と比較した際の差別化にもつながる可能性があります。
他の競合と比較した際に同じような合格実績や授業スタイルで行っている場合、他の要素で通塾するかを決定します。

保護者の考えとしても自習室が完備されていればテスト前等で自習しに行って勉強してくれると考えます。
また、先程もお伝えした通りヤル気のある生徒からすると自習室が必要と考えています。
出来る限り自習室のスペースが用意できれば、集客につながる可能性が高くなります。
ただし、自習室のスペースを確保するために、必要以上の物件を借りることはおすすめはしません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加