フランチャイズ塾の今後

現在、フランチャイズの塾は増加傾向にあります。
どのような形態のフランチャイズが流行っているのでしょうか?
それは想像出来るように個別指導塾のフランチャイズが増えてきています。

増加傾向にあるフランチャイズ塾

フランチャイズチェーン協会のFC統計調査によると2013年度の売上高は119.0%の4503億となっており、チェーン本部数も増加して、フランチャイズ教室が増えてきている。
今後の展開としてもフランチャイズ塾は増えていくと推測されます。
そして、個別指導塾の形態が主流となってくると思われます。
しかし、個別指導の塾だけではなくさまざま形態の教室も増えてきています。
習い事・塾の低年齢化が進んできているので幼児教育がメインのフランチャイズも登場してきています。
また、小学生の英語教育の繰り下げにより英会話などのフランチャイズ塾もあります。
教育業界にとって、国の教育方針の変化は新たなビジネスチャンスとなります。
2020年の入試改革も、もちろんですが、日々アンテナを立てて、教育関連の情報は収集できるようにしていきましょう。
しっかりと時代のニーズを読んで学習塾経営を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加