色彩心理学から見る学習塾集客

ホームページを作成する際や看板を制作する際に色合いを考えることはすごく重要になってきます。
色にはさまざまな効果があるので、色をうまく活用してホームページや看板の印象を強くしましょう。
学習塾に関してはどのような色がいいのでしょうか?

272872

青色のイメージ効果

青色に関しては集中力を高める色と言われています。
元プロ野球選手の古田捕手は、いつも青色のミットを使っていたと言われています。
ただし、青色は落ち着いている色のために目立たなくなってしまうので注意が必要です。

赤色のイメージ効果

赤色は興奮させるような色になっていて、非常に目立ちます。
ホームページでも赤色を使うとコンバージョンが上がると言われています。

緑色のイメージ効果

緑色の場合は、イメージとしてはやはり自然であったりそのようなリラックスを与える色になっています。
看板等に使う場合は、目立ちづらい色なので注意が必要です。
緑を使う場合は、濃いめの緑を使うとよいでしょう。

オレンジ色のイメージ効果

万人受けしやすい色と言われています。
さらに色合いとしても看板などに活用する場合は目立つので、使いやすい色になります。

黄色のイメージ効果

黄色に関してもプラスのイメージを与えやすくなっています。
また、目立つ色合いなので、こちらも看板などに活用しやすくなっています。

白色のイメージ効果

白色に関しては、清潔などの綺麗な印象を与えます。
文字の部分に色を付けて背景を白にすることで読みやすい配色になります。
ただし、看板に使う場合は裏地が白であるとあまり目立たないので、注意が必要です。

黒色のイメージ効果

黒色に関しては、暗いイメージが強いかもしれません。
学習塾の看板の背景には使わない方が妥当だと言えます。

色彩心理学から見る学習塾集客のまとめ

看板の色に関しては、塾のイメージカラーとのバランスも考えなくてはいけません。
単純に目立つという観点から考えるのであれば、赤・黄色・オレンジ等の配色を使うと良いでしょう。
看板やホームページを作成する際にはしっかりと色のバランスを考えていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加