学習塾の開業。FC加盟か独立か

121408

学習塾を開きたい。今の会社にはいたくないから、先生に憧れていたので教室経営を始めたい。

そのように考える方がいらっしゃるかもしれません。

しかしどうやれば学習塾を開業出来るのか?

初期費用はいくらかかるのか?

どのように教室運営していけばいいのか?

生徒を集めるには何が必要なのか?

そうゆう点がわからないで、始めてもなかなか経営していくのは

難しいと思います。

学習塾でアルバイトをしていた 学習塾で社員をしていました。

「だから、大丈夫です。」と言われる方もいるかもしれません。

ただ、実際に自分で開業してみるとさまざまな問題に直面することになります。

ここでは、学習塾の開業について考えていきたいと思います。

学習塾の開業 FC・独立

まず学習塾を開業する上で

FCに加盟するか 独立するか

まずがFCに加盟するメリットについて考えてみましょう。

1.本部のサポートがある

2.知名度がある

3.勉強会等に参加出来る

1.本部のサポートがある

FCに加盟すると、とても楽な部分が多いです。物件探しや、広告などFC本部が準備してくれます。

これらを自分ひとりで手配するのはとても大変ですから、これは大きな魅力です。

FC本部にはアドバイザーと言われる方について頂くことが多いので、さまざまな相談をすることが出来ます。

2.知名度がある

FCを募集している会社は知名度があります。単純で自分で独立するよりは、遥かに知名度がある状態でスタート出来ます。

大手の学習塾さんでは、テレビ広告などさかんに行っている会社も多くあります。

しかし、知名度だけでは集客出来るほど簡単ではありません。あくまで経営者様の力量が試されます。

3.勉強会等に参加出来る

勉強会等で情報を得ることが出来ます。FC加入塾向けに勉強会を開いてくれるので、そこのFC塾で成功している方の生の声を聴くことが出来ます。

実際の苦労話や運営の方法など聞くことができます。

次にFCのデメリットについて考えてみましょう。

1.費用が高い

2.自由がきかない

1.費用が高い

FCに加入することで、さまざまな経費がかさみます。

まず、加盟金として安いFC塾でも300万以上かかります。

それに備品代として、本部の定めるものを購入する義務があります。

もちろん開業資金だけではなく、月々の支払に関してもロイヤリティが発生します。

入塾金の50%や月々の支払の10%からなどさまざまな経費がかかってきます。

2.自由がきかない

FC塾に加入すると、本部からの制約があります。たとえば月謝が変えられない。

また個別指導塾なので、集団授業は禁止など制約が多くあります。

次に独立のメリットについて考えてみましょう。

1.費用を安く抑えられる

独立する場合に関しては、FCに加入する場合の逆であると言えます。

まず費用に関しては、安く抑えることが出来ます。

加盟金ももちろんありませんし、本部の定めるものを購入する必要もありません。

ある程度費用は削ることが可能になります。

2.自由がきく

完全な独立という形になりますので、塾長が思い描く塾を実現することが可能になっています。

コースや入塾金、塾のスタイルなど塾長自身で作り上げることが出来ます。

最後に独立のデメリットを考えてみましょう。

1.知名度がない

一番に言えることは、知名度がないということです。

最初は信用も知名度もない状態は当たり前ですが、その状態で生徒集客をしなくては

いけません。

「○○ビルの1Fで塾をやっています」「そんなところに塾ってあるの?」

と言われたことがあります。

2.相談することが出来ない

FCとは異なり、すべての業務を自分でこなさなくてはいけません。

開業前であれば、塾のコース設定や開業場所の選定などすべて自分で考えなければなりません。

また、開業した後でも、広告宣伝や保護者対応など対応すべき問題はたくさんあります。

このようにFCに加盟するか、独立するかでメリット、デメリットはたくさんあります。

まず学習塾を開業する上に、この点は検討すべき点になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加