学習塾経営における失敗

学習塾経営における失敗とはもちろん学習塾をたたむことだと思います。
まず、そうならないように経営していかなくてはいけません。
学習塾に限らず、【支出を減らして、収入を増やすこと】が必要になります。

まずは収入について考えていきましょう。
もちろん学習塾における収入は生徒からの授業料です。
まずは生徒が通ってくれなければ収入は増えません。
学習塾において大変な部分はやはり生徒を集めることです。

そう簡単には生徒は通ってくれません。

【あっ学習塾が出来た】
【明日から、うちの子を入れよう】

とはなりません。

しっかりとどのような塾なのかという部分をアピールする必要があります。
次に支出について考えていきましょう。
学習塾における支出は家賃や人件費や備品等になります。
やはり一番ネックになるのは、家賃です。
10万円のテナントを借りたとすると、生徒が0人だろうと10人だろうと10万円かかります。
人件費や備品は、学習塾を開業した後でも減らすことは出来ますが、家賃だけは引っ越さない限り減らすことは出来ません。
そして最終的には収入から支出を引いて利益を出さなくてはいけません。
企業は利益を出さなければ、存在できません。
しっかりと利益を出せるような学習塾経営をしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加