高校部の新設

学習塾といえば、ほとんど高校受験で終わってしまう塾が大半だと思います。
もちろん、個別指導の塾であれば高校継続として、残る生徒もいると思います。
しかし、個別指導の塾で残ったところで大学受験向けの指導をすることは非常に難しいです。

そもそも個別指導の塾の講師は正社員を除いては大学生が大半です。
大学生が大学受験を指導するのは難しいです。
ですので、本格的に高校部を新設する場合には映像教材を導入する塾が増えてきているようです。
単純に高校部を新設するメリットとしては

①高校継続が増える
②塾に来る層が増える

と言えます。

もちろんどの塾も高校部を新設しろと言っている訳ではありません。
もちろん高校部を新設するにも映像教材を導入する費用もかかってしまいます。
また高校部を新設する場合の注意点としては競合が大手予備校になるという部分は意識していかなくてはいけません。

大手予備校は知名度を生かした営業力でどんどん生徒を集客していきます。
しかし生徒の中には、高校受験も経験した塾で大学受験をしたいと思っている子もいます。
もしも、そのような生徒が多いのであれば、映像教材等を導入して高校部の新設を検討してもよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加