近年の学習塾費用

近年の学習塾費用に関して考えてみましょう。
ここでは文部科学省が出している平成26年度子供の学習費調査を参考にしていきます。
まずは学習費全体から考えてみましょう。

中学校 公立 48万1,841円
私立 133万8,623円
となっています。比率としては1:2.8となっています。
もちろん私立の方が学習費の比率は多くなっています。

学習費の内訳としては主に
①学校教育費
②学校給食費
③学校外活動費
に分かれています。

学習塾費用は学校外活動費に含まれています。それでは学習塾費について考えていきましょう。公立中学校では約20万5千円となっています。また私立中学校では約13万5千円です。
一般的な学習塾では、公立高校の比率が多いので20万円という数字を取り上げていきましょう。
20万円を12か月で考えてみると、1月あたり16666…….円くらいになります。
授業料に関しては16666円を一つ基準になってきます。
さらに学年別の学習塾費用についても見ていきましょう。
公立中学校1年生 12万5018円(1月あたり約10418円)
公立中学校2年生 16万1115円(1月あたり約13426円)
公立中学校3年生 32万6333円(1月あたり約27194円)
となっています。

やはり学年が上がるにつれて金額も上がってきています。
売上を考えると学習塾においては受験生を多く抱えることが経営を続けていくポイントになってきます。
次に学習塾費用の金額分布についても考えていきましょう。

0円     29.9%
1万円未満  1.1%
5万円未満  5.7%
10万円未満  5.5%
20万円未満 14.4%
30万円未満 13.1%
40万円未満 10.9%
40万円以上 18.5%

このような分布になっています。
あくまで平均が20万円なだけで、40万円以上学習塾費用として払う保護者もいます。
上記の数字はあくまで統計上の数字になっています。学習塾の戦略一つで単価アップを行うことも可能になってきています。統計の数字を参考にしながら授業料についてしっかりと考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加