社会的証明の原理を学習塾経営に活かすには?

心理学には社会的証明の原理というものがあります。
人間は他人の行動を参考にして、自分の行動を決定することがあります。
他人の行動を正しいと考えて、同様の行動を行います。
たとえば新しくパソコンを購入しようと考えている場合は、
仮にインターネットで調べる場合は、他人の書いたレビューなどを
参考すると思います。このようなことを社会的証明の原理と呼びます。
学習塾においては、どうでしょうか?
口コミがそれに相当すると考えられます。
学習塾を検討する際には、何を参考にするでしょうか?
チラシやホームページなどは参考にすると思います。
また直接学習塾の人の話を聞きにいくかもしれません。
しかし入塾するケースとしては口コミからというのが多いと思います。
やはり、まったくの知らない学習塾よりは知っている子供が通っている学習塾
を選びやすいと思います。生徒集客には口コミの発生が重要になってきます。
また学習塾における社会的証明の原理としては以下のようなケースもあります。
【「イード・アワード2014 塾部門 小学生部門」で総合満足度最優秀賞を受賞】
このように○○アワード受賞や○○賞受賞というのは、まさに社会的証明の原理です。
もちろんこの賞やアワードを受賞しているので、既存客には満足度が高いものを
提供出来ていると思います。
さらにまだ通っていない保護者に対するアピールにもなります。
また、合格体験記や在校生の声や保護者の声も
同様に通っていない保護者へのアピールになります
すでに活用されている塾も多いと思います。
保護者へのアピール方法について改めて検討するとよいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加