受験直前期に気を付けておきたいこと

高校3年生にとっては、1月16日(土),17日(日)にセンター試験が実施されます。
そこから続々と私立大学の入試が始まってきます。
また中学3年生にとっても私立高校の入試がスタートして、2月、3月に本番を迎えます。
本番の日に決められた時間で自分の力を最大限発揮して合格する力が必要になってきます。
しかし、それ以外に気を付けていくべきポイントがあります。
やはり受験直前期には体調管理をしっかりと行うことが大事になってきます。
直前に体調を崩してしまい、本番は高熱で挑んで、不合格になってしまうケースは
あり得ない話ではありません。勉強をする時間を確保することは大事ですが、
自分の体調と相談して勉強に取り組む必要があります。
ですので、この時期は塾側で受験生の様子はよく見ておく必要があります。
体調管理以外にも、受験直前期は精神的にも不安定に生徒はなりがちなので
しっかりとサポート出来るようにしましょう。
実際に受験直前期に突然泣き出してしまう子もいたことがあります。
普段からコミュニケーションをしっかりと取るように心掛けていきましょう。
また、脳科学上は、起床してから3時間経過しないと脳が正常に動かないと言われています。
ですので、出来れば直前期は試験開始時間の3時間前には起床して、
午前中は頭がすっきり出来るように誘導するとよいでしょう。
学習塾側としても、受験が過ぎればすぐに次年度になってしまうので、
大変忙しい時期ではありますgは、しっかりと準備をしていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加