早めの新年度募集がカギを握る

新年度に向けての準備はいつごろから始めるのがよいのでしょうか?
1月のこの時期は、受験本番に向けて忙しくなっている時期かと思います。
もちろん学習塾においては、志望校に合格させることが最大の役目になります。
しかし、それと並行して新年度の募集について考えていかなくてはいけません。
学習塾の生徒の動きがあるのは、1月~3月ころになります。
【4月が始まってからや3月の受験が終わってから考えればいいや】
ではすでに他の塾に遅れを取ってしまいます。
少し前に比べると募集のピークが早くなったように感じます。
普段のタイミングより早く準備している塾が多くなってきている印象です。
また、塾を探すタイミングとしては、
【通塾している塾に不満を持っている】
【学年が上がるタイミングで塾を探している】
【定期テストが悪かったので、塾を探している】
このようなケースが多いため、1月~3月に生徒の移動が増えます。
このタイミングを逃してしまうと、生徒集客が非常に厳しいものになります。
学習塾の性質上、一度入塾が決まれば、ある程度の期間通塾してくれます。
ある程度の期間通塾してくれることにより、その年度の収入の見通しが立ちます。
収入の見通しが立てば、心にも余裕が生まれ、安定した塾経営を目指すことが出来ます。
ですので、この時期は忙しいかもしれませんが、しっかりと新年度の募集についても
考えて行く必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加