認知されることの難しさ

学習塾において認知されることは、時間がかかります。
その地域に認知されるまで3年かかると言われたりします。
開業してから認知されるまで、どうしても時間がかかってしまいます。
ですので、やはりまずは小さなテナントから始めることが大事だと思います。
FC塾に加入して始めるケースでも、同様だと思います。今の時代、有名な塾の
FCだからといって簡単に生徒を集めることが難しくなっています。
まずは、生徒が集まらないリスクを考えていかに支出を抑えるかということを
考えていく必要があります。
もちろん生徒にとってきれいな教室、広い教室で勉強することは素晴らしいことです。
しかし、生徒が集客出来なければ、きれいな教室も広い教室もただの経費がかかるだけです。
30坪の物件であれば、安ければ20万くらいから借りられるかもしれません。
しかも20万払えばいきなり物件を貸してくれる訳ではありません。
前家賃・敷金・礼金・保証金などがかかります。
一般的に入居時には家賃の5倍~6倍かかると
言われています。
まずは初期投資を行わなくてはいけません。
また、家賃20万であれば、その分授業料が最低でも20万なくてはいけません。
もちろん家賃を払うだけではなく、光熱費などもかかってきます。
まして、自分が生活できるだけの金額を稼いでいかなくてはいけません。
いきなり始めた塾が生徒を集めることは難しいです。
まずは風呂敷をいきなり広げないように、時間をかけて認知されるような
学習塾経営を行っていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加