学習塾運営と学習塾経営は別物

学習塾運営と学習塾経営はまったくの別物です。
そこを勘違いしてしまうとうまくいきません。
学習塾運営と学習塾経営を勘違いしてしまう人に共通しているのは、
学習塾経験者であるということです。
大手の塾で教室管理をしてきて、とても優秀な方ですと、
生徒に対するサポートや授業に関することは得意かもしれません。
つまり学習塾運営に関しては、トップクラスかもしれません。
しかし注意してほしい部分は学習塾運営と学習塾経営はまったく違います。
自分が独立したときに必要になってくるのは、学習塾経営の力です。
個人塾で独立する場合は、一から二にする力ではなく、ゼロを一にする力が必要になります。
既存のものを伸ばすのと、一からすべてを作り上げるのはまったく異なります。
認知されていない塾に生徒を集客出来る力が必要になります。
生徒を集客するためには、しっかりとした戦略が必要になります。
大手の塾経験者が陥りやすいケースとしては、自分の塾は知られているという考え方に
なってしまう点です。
もちろん大手の塾にいた方は、大手のブランドを知らない人は
少ないのでそれで集客出来てしまうかもしれません。
しかし個人塾で独立する場合には、もちろんその塾を知る人はいません。
ですので、自分の塾はこのような塾でここにありますということを
アピールしていかなくてはいけません。
差別化が出来るように学習塾経営を考えていかないといけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加