2020年の大学入試改革、高大接続で学習塾のポジションが変化する!?

2020年の大学入試改革や高大接続の議論の流れの中で
現在予定されているように、動いていくのであれば、学校や
学習塾などのポジションはどんどん変化していくことになります。
新たな大学入試制度は、「高等学校基礎学力テスト(仮称)」と「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」
と呼ばれています。センター試験に代わって複数回実施出来るようにするとしています。
また、単純な点数で評価するのではなく、思考力・判断力・表現力などを評価するように変えていきたいと
しています。
このように大学入試が変わっていくので、それに伴い学校や学習塾も変化していかなくてはいけません。
学校においては、単純な偏差値主義ではなくなるかもしれません。
大学入試の変化に伴った新しいランキングになるかもしれません。
高校が変化して、ランキングが変わっていくのであれば、塾も新しいランキングでの
上位高に生徒を入れていかなくてはいけません。
新しい入試改革では、思考力・判断力・表現力が必要なカリキュラムを行う必要が出てきます。
今までの単純な知識だけを教える塾では生き残ることが難しくなってきます。
もちろん今までの知識が必要なくなるわけではありません。
その知識を生かして、その先まで踏み込んでいけるような授業が必要になります。
今まで以上に教育業界を取り巻く環境には注意していくべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加