指導スタイルでは差別化出来ない

学習塾によって指導スタイルが異なっていると思います。
主に集団指導・個別指導・ITを活用した指導に分かれてきます。
昔の学習塾では、学校と同様な集団指導が多く行われてきました。
徐々に集団指導では付いてこれない生徒を指導する形で個別指導の
スタイルが増えてきました。個別指導のスタイルを取ることで
差別化にも役立ったため、個別指導のスタイルの塾が乱立してきました。
個別指導のスタイルでは、講師の数を確保しなくてはならなくなりました。
しかし、個別指導の塾が増加してきているので、講師を確保することも
難しくなってきました。さらに講師の質も考えていかなくてはならなくなったため
ますます講師確保が大変な時代になってきました。
このような状況で個別指導全盛の時代が過ぎていきました。
近年ではITを活用した指導を行う塾も増えてきました。
主にITを活用したパソコン教材などはクオリティを素晴らしいものも
多いです。しかし、学習塾に通ってくる子は手取り足取り教えていかないといけない生徒も多いです。
そうした状況なので、完全にパソコン教材に任せっきりではうまくいきません。
集団指導・個別指導・ITを活用した指導にはそれぞれメリット・デメリットが存在します。
集団指導・個別指導・ITを活用した指導がダメであると言うつもりはありません。
単純な指導スタイルだけでは、集客することは難しくなってきています。
しっかりと戦略を立てて、生徒集客を行っていく必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加