開業当初がカギを握る

開業当初の動きが重要になってきます。
開業の時期にもよりますが、開業半年程度で集客出来なければ
学習塾運営は厳しいものになってしまいます。
学習塾業界では、独立時は半年間は生活費が必要と言われています。
どうしても学習塾という商売上は、売上につながるまで遅いです。
信用商売ですので、開校してすぐ生徒が集客出来るとは考えないで下さい。
どうしても生徒集客までタイムラグが発生してしまうため、半年間は様子を
見る必要があります。
そういった状況ですので、開業当初は割り切って考えておく必要があります。
ですので、開業当初はしっかりと計画を立てて、なるべく経費をかけないことを
優先して考えて下さい。
やっていけないこととしては、
【途中で生徒が増えることを考えたら大きなテナントを借りよう】
【生徒が勉強しやすい環境を作るために綺麗な所を借りよう】
ということです。
生徒が集客出来てない状態では、無駄な投資になる可能性があります。
生徒が増えた後に、対応出来ることはたくさんあります。
生徒が増えて今のテナントで収まりきらないのであれば、近くでもっと
広いテナントを借りればいいです。
生徒が勉強しやすい環境は生徒が増えたら導入すればいいです。
開業当初でやらなければいけないことは、生徒を集客することです。
まずはその事を優先して考えて下さい。
チラシを作成して、ポスティングを行うことも必要です。
校門前でチラシを配ることも必要です。
その場所に学習塾があるということをアピールして生徒集客を
行うことが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加